平野博文官房長官は25日午前の記者会見で、宮崎県で拡大している家畜伝染病・口蹄(こうてい)疫問題で、宮崎県が種牛49頭の殺処分の回避を求めていることについて、「例外扱いをすると、他の牛についてどうなるんだということにもなり、(モラル)ハザード(倫理の欠如)が起こる可能性がある」と述べ、再検討は難しいとの見解を示した。

 政府は24日、種牛の処分を決めていた。平野氏は「ルール通りやらなければ、トータルとしての封じ込めにならない」とも語り、被害の拡大防止のためには例外は許されないとの認識を示した。

【関連記事】
流通業界、大相撲などにも広がる義援金 口蹄疫問題
口蹄疫 種牛エースも殺処分へ
口蹄疫で家畜処分 時価評価額で全額補償へ
口蹄疫でスポーツ界動く 西武や鹿島が義援金
横峯、口蹄疫で募金呼び掛ける 女子ゴルフ
虐待が子供に与える「傷」とは?

<口蹄疫>種牛殺さないで 6000人が「助命」署名 エース級5頭は陰性(毎日新聞)
高齢者対策が課題―結核部会(医療介護CBニュース)
<口蹄疫>せめて最高の餌を 処分前に「我が子への愛」「感染防止」交錯(毎日新聞)
スポーツ・タレント候補 安易な擁立に反対9割、「谷氏は当選なら五輪断念を」の声も(産経新聞)
皇太子さま、「みどりの愛護」のつどいに(時事通信)
[PR]
by qmxfikqwdw | 2010-05-29 22:11
 独立行政法人(独法)の不要な財産を国庫に納付するよう義務付ける改正独法通則法が21日の参院本会議で、与党などの賛成多数で可決、成立した。同法の成立によって、2010年度は現金で6448億円、不動産などの現物で987億円(簿価ベース)が国庫に納付される見通し。 

【関連ニュース】
随意契約、42%競争入札に=98独法が見直し
独法仕分け踏まえ見直しを=鳩山首相
独法通則法改正案を可決=参院総務委
仕分け後半戦、70法人決定=宝くじ協会など82事業

電車内で女性の下半身触る 小学校事務職員を逮捕 (産経新聞)
70歳の有名スリ「三ちゃん」逮捕 70歳「生活保護だけでは…」(産経新聞)
口蹄疫「特効薬ない」=まん延防止で赤松農水相(時事通信)
パチンコ攻略法は虚偽 雑誌社などに賠償命令(産経新聞)
<廃棄物処理>環境相の確認取らず冷蔵庫輸出 業者を逮捕(毎日新聞)
[PR]
by qmxfikqwdw | 2010-05-21 21:37
 米軍普天間基地問題の5月決着が風前の灯となり、鳩山由紀夫首相への風当たりの強さが一段と増している。首相に好意的だった一部週刊誌からも辞任を求める声が出始めた。そんな中、鳩山擁護論を展開している人たちもまだいる。

 読売新聞は2010年5月11日付朝刊で、普天間問題について「5月決着 事実上断念」と1面トップ(東京最終版)で伝えた。5月末までの決着を「職を賭して」と明言していた鳩山首相に対し「その政治責任が厳しく問われることは確実だ」と指摘した。産経新聞も同じ日の朝刊で、政府が最終決着を5月末以降に先送りする方針を確認したと報じ、社説にあたる「主張」欄で、「許されぬ首相の逃げ切り」と断じた。

■週刊朝日もついに首相退陣求める

 厳しい声は週刊誌からも挙がっている。一時は鳩山政権と「蜜月」とささやかれたこともある週刊朝日は、「首相も平野官房長官も即刻退場せよ」(10年5月21日号)とのサブタイトルで、ジャーナリストの上杉隆さんの「普天間問題で怒りの提言」を掲載した。週刊現代(5月22日号)は、「総理の虚言癖にはもうウンザリ」「まもなく退陣表明」などの見出しで首相に対する厳しい空気を伝えている。

 なんといっても首相に厳しいのは世論だ。読売新聞の全国世論調査(5月7〜9日実施)によると、鳩山内閣支持率は、約1か月前の前回から9ポイントも下がり24%へ下落した。普天間問題の5月決着ができなかった場合に退陣すべきかを問うと、過半数の51%が「退陣すべきだ」と回答した。共同通信の調査(4月28、29日)でも支持率は20.7%(前回比12.3ポイント減)で、どっぷりと「危険水域」だ。

 インターネット掲示板2ちゃんねるには、鳩山首相ものの話題を議論するスレッドが数多く立っている。ざっと見た印象の範囲では、首相は袋叩き状態のようだ。

■佐藤優氏「あえて声を大きくして擁護する」

 一方、週刊ポスト(5月21日号)は、普天間移設に関する「ウルトラC」のマル秘計画書を入手した、とする記事の中で、「確かに大メディアは、『何が何でも鳩山政権を倒す』という姿勢に見える」と指摘した。「メディアの既得権益を奪う鳩山内閣に反発しているからだ」という「見方」も紹介している。

 ブログ「佐藤優の眼光紙背」(5月10日)で「こういう状況であるから、あえて声を大きくして鳩山総理を擁護することにした」と宣言したのは、元外務省の作家佐藤優さんだ。普天間移設問題を巡り、「政治評論家、有権者の多くが鳩山政権批判を強めている」との現状認識を示した上で、鳩山内閣が普天間問題を理由にして崩壊すると「その結果、官僚の力が極端に強まり、日本の民主主義が機能不全に陥ると考えるからだ」と首相擁護の理由を明かしている。メディアに対しても、沖縄カードを政局に使うのはやめるべきだと注文を付けている。沖縄の人々の不信感が決定的になると「日本の国家統合」に悪影響を与えるとも指摘している。

 ジャーナリスト田原総一朗さんは、連載「ギロン堂」(週刊朝日、5月21日号)で、「従来の自民党流の交渉に慣れすぎた記者たちが、鳩山流をまったく理解できずに、たたくことに専念しているのではないのか」と首相批判のあり方に疑問を呈した。普天間問題について首相に戦略がないように見えるのは、密室談合政治を廃し、オープンな政治に首相が徹しているからで、愚直に行動しているのだ、とかばった。

 もっとも、鳩山首相続投を期待する空気が一番強いのは政界のようだ。民主党内では、小沢一郎・幹事長グループは、鳩山降ろしは小沢降ろしへつながると警戒し、「非小沢」勢も、ポスト鳩山を巡る混乱や、厳しい戦いが予想される今10年夏の参院選へ向けて火中の栗を拾いたくない、という思惑があるようだ。連立与党内の2党にも、「鳩山後」の連立組み替えを恐れる空気があり、首相批判は大きな声になっていない。自民党など野党も、参院選へ向け「鳩山首相のままの方が戦い易し」と踏んでいるようだ。


■関連記事
鳩山首相と小沢幹事長に「辞任要求」 「1年生」横粂議員たった一人の反乱 : 2010/05/07
鳩山首相「ルーピーTシャツ」 こちらはバカ売れ、人気衰え知らず : 2010/05/06
鳩山総理の「内閣崩壊」 官房副長官電話に「わからない」 : 2010/04/21
「上から人が落ちてきた!」諏訪大社「御柱祭」で2人死亡 : 2010/05/10
部屋でアレしてコレして 「巣ごもりギャル」増殖中 : 2010/05/07

元・若乃花が設立、ちゃんこ店運営会社が破産(読売新聞)
生物の多様性損失は人類の危機…国連報告書(読売新聞)
デリヘル事務所に強盗 店長けが 東京・五反田(産経新聞)
<雑記帳>サクランボ 母の日を前に出荷に追われる 秋田(毎日新聞)
<火災>日本獣医生命科学大の一部焼く 漏電の可能性(毎日新聞)
[PR]
by qmxfikqwdw | 2010-05-13 15:23