例外扱いはモラルハザード起こす 種牛殺処分の回避要請に官房長官(産経新聞)

 平野博文官房長官は25日午前の記者会見で、宮崎県で拡大している家畜伝染病・口蹄(こうてい)疫問題で、宮崎県が種牛49頭の殺処分の回避を求めていることについて、「例外扱いをすると、他の牛についてどうなるんだということにもなり、(モラル)ハザード(倫理の欠如)が起こる可能性がある」と述べ、再検討は難しいとの見解を示した。

 政府は24日、種牛の処分を決めていた。平野氏は「ルール通りやらなければ、トータルとしての封じ込めにならない」とも語り、被害の拡大防止のためには例外は許されないとの認識を示した。

【関連記事】
流通業界、大相撲などにも広がる義援金 口蹄疫問題
口蹄疫 種牛エースも殺処分へ
口蹄疫で家畜処分 時価評価額で全額補償へ
口蹄疫でスポーツ界動く 西武や鹿島が義援金
横峯、口蹄疫で募金呼び掛ける 女子ゴルフ
虐待が子供に与える「傷」とは?

<口蹄疫>種牛殺さないで 6000人が「助命」署名 エース級5頭は陰性(毎日新聞)
高齢者対策が課題―結核部会(医療介護CBニュース)
<口蹄疫>せめて最高の餌を 処分前に「我が子への愛」「感染防止」交錯(毎日新聞)
スポーツ・タレント候補 安易な擁立に反対9割、「谷氏は当選なら五輪断念を」の声も(産経新聞)
皇太子さま、「みどりの愛護」のつどいに(時事通信)
[PR]
by qmxfikqwdw | 2010-05-29 22:11