<津波>「心配なし」の誤情報 英文サイトに掲載 宮城県(毎日新聞)

 外国人向けに災害情報を提供する宮城県のウェブサイトに、「この地震による津波の心配はありません」という誤った英文が約5時間にわたって掲載された。サイトの管理会社「テクノ・マインド」(仙台市)によると、災害情報が自動配信されず、手動に切り替えた際に定型文を間違えて選択したという。サイトは日、英、中、韓、ポルトガルの5カ国語で表記される。誤った英文は午後0時45分に掲載され、閲覧者の指摘を受けて同5時50分に修正された。

 また、災害情報を登録者に電子メールで配信するサービスでもトラブルが相次いだ。海外で起きた地震の津波情報に対応していなかったため、警報発令から数時間後にメールが配信されたほか、システム故障で韓国語の災害情報は配信されなかった。【比嘉洋】

【関連ニュース】
ハイチ大地震:「手術用機器の整備が急務」日赤チーム報告
ハイチ大地震:雨期に備え緊急支援要請 プレバル大統領
ハイチ大地震:陸自医療援助隊の100人帰国し解組式
津波:到達、予想より遅く引き続き警戒を 気象庁が会見で
大津波・津波警報:鉄道24路線、東名高速などに影響

<原発作業被ばく訴訟>原告の敗訴が確定 最高裁が上告棄却(毎日新聞)
<マータイさん>ショップ訪問 小田急・新宿店(毎日新聞)
加齢に伴う歯周炎の進行、過剰な免疫反応が原因か(医療介護CBニュース)
屋久島の米軍機訓練、許容できぬ=岡田外相(時事通信)
「物理」で出題ミス=鹿児島大(時事通信)
[PR]
by qmxfikqwdw | 2010-03-01 17:57